COMPANY

COMPANY

HISTORY

沿革

1960年

1969年(S44年)10月
創業。自動組立装置と専用工作機械の設計製作を主業務とする。

1970年

1970年(S45年)8月
株式会社に改組し、社名をアポロ精工株式会社とする。資本金500,000円
1974年(S49年)
自社製品第1段として、自動はんだ(半田)付け装置『アポソルダ』を商品化し、販売開始
1976年(S51年)12月
松下電器産業(株)(当時)との契約によりアーク・マルチスポット溶接機の設計製作を開始
1978年(S53年)10月
自社製品第2段として、全自動はんだ(半田)付け装置『アポオート』を開発、販売開始

アポソルダを商品化 (1974)

アポソルダを商品化 (1974)

1980年

1980年(S55年)2月
資本金を2,000,000円に増資
1980年(S55年)5月
資本金を5,000,000円に増資
1980年(S55年)5月
東京国際見本市に新開発の『アポソルダ』『アポオート自動リード線供給装置』を出品、好評を博す
1981年(S56年)5月
(株)ミツトヨとの契約によりレーザ測定装置、自動測定選別装置の設計製作を開始
1983年(S58年)8月
本社工場を竣工。本社を大田区池上に移転
1984年(S59年)11月
資本金を49,000,000円に増資
1986年(S61年)1月
アメリカロサンゼルスに現地法人を設立(Apollo Seiko Ltd. USA)
※現在はアメリカミシガン州に移転

アポオート自動リード線供給装置 (1980.5)

アポオート自動リード線供給装置 (1980.5)

1990年

1990年(H2年)11月
資本金を78,500,000円に増資
1996年(H8年)
はんだ(半田)付け専用ロボット『L-CAT』を開発、販売開始
1999年(H11年)10月
低価格はんだ(半田)付けユニット『エコー』を開発、販売開始
1999年(H11年)11月
シンガポール現地法人を設立

『エコー』を開発、販売開始 (1999.10)

『エコー』を開発、販売開始 (1999.10)

2000年

2001年(H13年)3月
大阪支店を開設
2004年(H16年)4月
はんだ(半田)付け専用ユニット『LUNA』を開発、販売開始
2005年(H17年)12月
上海支店を開設
2006年(H18年)1月
はんだ(半田)付け専用ユニット『TERRA』を開発、販売開始
2006年(H18年)9月
資本金を89,200,000円に増資
2007年(H19年)1月
韓国に現地法人を設立(Apollo Seiko Korea Co., Ltd.)
2007年(H19年)1月
上海支店を現地法人化(Apollo Seiko (Shanghai) Ind. Corp.)
2007年(H19年)7月
シンガポール現地法人名を変更(Apollo Seiko Pte., Ltd.)
2008年(H20年)10月
中国 武漢に合弁会社を設立(Apollo Lype (Wuhan) Laser System Co., Ltd.)
2009年(H21年)8月
はんだ(半田)付け専用ユニット『COMET』を開発、販売開始

はんだ付け専用ユニット『TERRA』(2006.1)

はんだ付け専用ユニット『TERRA』(2006.1)

2010年

2010年(H22年)5月
静岡県御殿場市に本社移転
2010年(H22年)7月
東京支店を旧本社所在地(大田区池上)から葛飾区青戸に移転
2013年(H25年)1月
タイに現地法人を設立(Apollo Seiko (AST) Thai Company Ltd.)
2013年(H25年)4月
九州営業所を開設
2013年(H25年)9月
スリーブ式はんだ付け装置『SLV』を開発、販売開始
2015年(H27年)4月
オランダに現地法人を設立(Apollo Seiko Europe B.V.)
2018年(H30年)1月
メキシコに現地法人を設立(Apollo Seiko Mexico S, DE R.L. DE C.V.)
2019年(H31年)1月
レーザー式はんだ付け装置『MLU-808/980』に続き、
ブルーレーザーはんだ付け装置『MLU-450』を開発、販売開始

スリーブ式はんだ付け装置『SLV』 (2015.1))

スリーブ式はんだ付け装置『SLV』 (2013.9)

お電話でのお問い合わせ

TEL.0550-88-2828

WEBからのお問い合わせ

メールお問い合わせ

カタログをご希望のお客様

メールお問い合わせ